Girls Group Guide logo

乃木坂46欅坂46レコ大2017ノミネートへ 7年連続AKB48と争奪で辞退の可能性

2017年12月30日に発表される「第59回 日本レコード大賞」に、AKB48や坂道グループからのノミネートがあるのではと話題になっています。

 

AKB48は2010年の第52回に「Beginner」で初ノミネート。第53回には初めて「フライングゲット」で受賞した日本レコード大賞を、翌第54回「真夏のSounds good!」で2年連続で受賞しています。

 

 

篠田麻里子 @mariko_dayo 2012年12月30日

 

そのAKB48は、2010年から2016年まで連続で優秀作品賞(大賞ノミネート作品)に選ばれています。

 

2017年も選出される見込みの中、公式ライバルの乃木坂46、その姉妹グループである欅坂46も、十分にノミネートされ大賞を受賞する可能性があるとみられているのです。

 

レコ大 選考基準

日本レコード大賞の選考基準は「作曲、作詩、編曲を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品」「優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品」とされています。

 

この基準からは、セールスは影響がないようにも思えますが、ミリオンセールスなど大きな売上は支持を得ているとも受け取れます。

 

セールスで選考するのなら、年間で上位を占めるAKB48や乃木坂46、欅坂46が選考されることは不思議ではなく、当然といえます。

 

報道では大賞の裏金買収問題などあり、辞退する受賞者も珍しくなくなってきています。

 

その中で、ノミネートされる優秀作品賞10枠により選考される可能性が高まってきていることも話題の要因にあります。

 

しかし基準が不透明で選考に疑問符が付く事があるレコード大賞ですから、ノミネートされない可能性も十分に考えられます。

 

坂道グループは未だノミネートなし

AKB48は7年連続でノミネートされていますが、坂道グループでは乃木坂46、欅坂46ともにノミネートに至っていません。

 

欅坂46は、デビュー年の2016年には最優秀新人賞の呼び声も高かったですが、受賞は韓国の男性7人組グループiKON(アイコン)でした。

 

レコ大にはノミネートの枠組があるとされ、ジャニーズ枠、LDH枠、avex枠など噂されてきました。

 

その中からノミネートされ、レコード大賞が選ばれているという見方も出来る歴史があります。

 

枠からは受賞がバッティングしないよう、一組のみノミネートされる枠もみられ、もしAKB48枠やアイドル枠という選考で一組のノミネートとなれば、坂道グループもその枠とみなされる可能性も。

 

すると7年連続のAKB48がノミネートされることになれば、坂道グループからのノミネートの可能性は少なくなるとみられます。

 

関連グループが複数ノミネートされることが少ないレコ大に、AKB48と坂道グループが揃ってノミネートされる事はないのではという見方がされるのです。

 

ジャニーズは今ではレコ大などに同じジャニーズで賞を争うことをしないという理由から辞退しています。

 

公式ライバルという間柄ですが、AKB48が再びレコード大賞を狙うレコ大に、坂道グループはノミネートを辞退するのではという見方もあります。

 

しかし、上述の選考基準には坂道グループは申し分がないはずなので、ノミネートの可能性はあるはずです。

 

受賞曲は

AKB48と坂道グループがノミネートされるのなら、受賞曲はその年のリリース楽曲の中からの選考になります。

 

  • AKB48「願いごとの持ち腐れ」
  • 乃木坂46「インフルエンサー」
  • 欅坂46「不協和音」

 

これらでは、坂道グループの方が影響があったようにも思えます。同じ枠組のグループとされれば、複数のノミネートは可能性が下がるとみられています。

 

AKB48が8年連続でのノミネートとなるのか、坂道グループが初ノミネートと大賞の受賞、そのどちらともなるのか話題です。

 

  • 2016年 レコ大 優秀作品賞(大賞ノミネート作品)
  • 西野カナ 「あなたの好きなところ」*大賞
  • 浦島太郎(桐谷健太) 「海の声」
  • 坂本冬美 「女は抱かれて鮎になる」
  • きゃりーぱみゅぱみゅ 「最&高」
  • AKB48 「365日の紙飛行機」
  • AAA 「涙のない世界」
  • 宇多田ヒカル 「花束を君に」
  • 西内まりや 「BELIEVE」
  • 氷川きよし 「みれん心」
  • いきものがかり 「ラストシーン」

 

share
Home > Blog > 乃木坂46欅坂46レコ大2017ノミネートへ 7年連続AKB48と争奪で辞退の可能性

関連記事

乃木坂46”バスラ2018”日程は7月上旬の平日 野球使用の空き日程で

乃木坂46”バスラ2018”日程は7月上旬の平日 野球使用の空き日程で

2018.01.10 - 公式サイトで9日に伝えられた、乃木坂46『6th YEAR BIRTHDAY LIVE』の開催。開催地は神宮野球場で、開催月は7月です。その他の詳細は決定次第となりますが、日程は神宮球場のスケジュールから、上旬が濃厚です。...

乃木坂46「シンクロニシティ」ジャケ写撮影場所 全5タイプ都内で撮影

乃木坂46「シンクロニシティ」ジャケ写撮影場所 全5タイプ都内で撮影

2018.04.03 - 乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」が、4月25日にリリースされます。同2日には、ジャケット写真が公開になりました。撮影は3月中旬頃で、日常のふとした中で「ポーズやファッション、服装が被る瞬間、無...

映画「あさひなぐ」円盤化より先に中国で配信 流出の可能性が非公式の場合あり

映画「あさひなぐ」円盤化より先に中国で配信 流出の可能性が非公式の場合あり

2018.03.16 - 乃木坂46のメンバーが主要キャストとして出演した映画「あさひなぐ」の映像が、中国の動画配信サイトにて、商品化より先に配信がされている。同映画の商品化は5月12日、Blu-ray&DVDとして発売予定で、レンタルも...

乃木坂46 20thシングルは白石麻衣が単独センター 卒業の生駒は固辞

乃木坂46 20thシングルは白石麻衣が単独センター 卒業の生駒は固辞

2018.03.12 - 乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」(4月25日リリース)の選抜メンバーが発表されました。センターは白石麻衣さん。通算4度目で、単独センターは6th「ガールズルール」以来2度目。タイアップで使用されて...

乃木坂46 20th「シンクロニシティ」選抜判明か 16名がタイアップと雑誌表紙で

乃木坂46 20th「シンクロニシティ」選抜判明か 16名がタイアップと雑誌表紙で

2017.03.01 - 乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」(4月25日リリース)の、選抜メンバーが話題になっています。タイアップのCM等では、そのコマーシャル品のスーツで男装して出演しているメンバーは、選抜入りの可能性が...

乃木坂46初東京ドーム公演の映像化は 過去の円盤化はバスラだけ

乃木坂46初東京ドーム公演の映像化は 過去の円盤化はバスラだけ

2018.01.28 - 乃木坂46は2017年11月7日、8日に「真夏の全国ツアー2017 Final 東京ドーム公演」を開催しました。初となった東京ドーム公演は、11万人を動員したとされる2Daysコンサートで、今後、映像化される可能性はあるので...

乃木坂46ナゴヤドームで6thバスラか 開催地の候補は味の素や日産横浜など

乃木坂46ナゴヤドームで6thバスラか 開催地の候補は味の素や日産横浜など

2017.12.13 - 2018年2月22日頃に開催が予想される「乃木坂46 6th YEAR BIRTHDAY LIVE」ですが、その開催地について憶測を呼んでいます。 追記 2018年の6thバスラは、7月に神宮で開催。2018年1月8日に幕張握手会場で発表。乃木...

乃木坂46がレコ大受賞 2017年「インフルエンサー」で初 アイドルはAKB48以来5年ぶり

乃木坂46がレコ大受賞 2017年「インフルエンサー」で初 アイドルはAKB48以来5年ぶり

2017.12.30 - 乃木坂46が12月30日開催「第59回 輝く!日本レコード大賞」で大賞を受賞しました。tbs_awards大賞曲は17th表題曲「インフルエンサー」で、ミリオンセールスを記録したグループの代表曲の一つ。乃木坂46が同賞を獲...